このページの本文へ移動
  1.  >
  2.  >
  3.  >
  4.  >
  5.  >
  6. ScanSnap S1100 連送給紙機能によるカンタンでスピーディーな読み取り

連送給紙機能によるカンタンでスピーディーな読み取り

毎分8枚の原稿送りに相当する7.5秒/枚(注1)の高速読み取りを実現。ScanSnapシリーズ共通の自動化機能があらかじめ設定されていますので、読み取り時の仕分けや設定など手間のかかる作業は必要なく、ワンプッシュで「カンタン」に読み取りを開始し、連送給紙機能で「スピーディー」に読み取ることができます。

(注1)A4カラー300dpiまで。読み取り速度は、原稿搬送開始から排出終了までの原稿送りに要する時間。

「Continuous Document Feeding(連送給紙)機能」搭載

原稿挿入/排出を検出することで、追加操作なしに複数ページにわたる原稿を連続して読み取れる「Continuous Document Feeding(連送給紙)機能」(以下CDF)を搭載。CDFでは、「Scan」ボタンを押して読み取りを開始し、次に「Scan」ボタンを押すまでの間、連続した読み取りが可能です。

追加操作なしに複数原稿を連続して読み取れる「Continuous Document Feeding(連送給紙)機能」(以下CDF)を搭載。

片面一枚送り機構で、小型化を追求しながらADF(自動給紙)機能の便利さを提供します。

2種類の搬送経路をご用意

原稿の種類やお客様のご利用状況に応じて選択できる2種類の搬送経路をご用意しております。

Uターンパス機構

排出ガイドを開けた状態で原稿を読み取る場合です。

Uターンパス機構

原稿の種類:一般的なオフィス用紙

ストレートパス機構

排出ガイドを閉じた状態で原稿を読み取る場合です。

ストレートパス機構

原稿の種類:一般的なオフィス用紙、はがき、名刺、A3キャリアシート(オプション)、 ISO7810 ID-1タイプ準拠したプラスチックカード(エンボス付きカード含む)


CDFとUターンパス機構を利用して両面読み取りもスムーズに

S1100のCDFを使い、Uターンパス機構で読み取ることによって、片面機でありながら両面原稿の読み取りをスムーズに行なうことができます。

Uターンパス機構で読み取ることによって、片面機でありながら両面原稿の読み取りがスムーズに。

7.5秒/枚の読み取り速度を実現

S1100は、A4サイズで毎分8枚の原稿送り速度に相当する7.5秒/枚(片面A4カラー300dpiまで)の速度で読み取ります。

S1100 読み取りスピード
読み取りモード 読み取りスピード
読取速度(注1)

(A4縦)
自動解像度モード(注2) 片面 7.5秒/枚(注3)
ノーマル
(カラー/グレースケール150dpi、白黒300dpi相当)
片面 7.5秒/枚(注3)
ファイン
(カラー/グレースケール200dpi、白黒400dpi相当)
片面 7.5秒/枚(注3)
スーパーファイン
(カラー/グレースケール300dpi、白黒600dpi相当)
片面 7.5秒/枚(注3)
エクセレント
(カラー/グレースケール600dpi、白黒1,200dpi相当)
片面 35秒/面(注3)

(注1) 読取速度はハードウェアの最大速度であり、実際の読取時間にはデータの転送時間等ソフトウェアの処理時間が付加されます。
(注2) 原稿の長さが約148mm以下の場合は、カラー/グレー300dpi、白黒600dpi相当に設定、原稿の長さが約148mmよりも長い場合は、カラー/グレー200dpi、白黒400dpi相当に設定。
(注3) 速度は原稿搬送開始から排出までの原稿送りに要する時間で表記。

給紙位置を気にせず原稿セット可能

給紙カバーのどの位置に原稿をセットしても読み取りが可能!

給紙カバー(給紙口)のどの位置に原稿をセットしても読み取りが可能です。
サイドガイドにつき当てる必要がないため、手軽に読み取らせることができます。



【注意事項】

  • ScanSnap ManagerはTWAIN、ISIS™に対応しておりません。TWAIN、ISIS™対応アプリケーションから直接の起動はできません。