このページの本文へ移動

ScanSnap iX500

製品画像: ScanSnap iX500
書籍スキャンを快適にする向き補正機能を強化!
次へ

特長

Evernoteにクリップする!

ScanSnap iX500 イントロダクション動画

ScanSnapiX500 イメージ動画 15秒の動画をご紹介します。 ScanSnapiX500 機能編 2分20秒の動画をご紹介します。


新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサーを搭載

新開発のデュアルコアCPUを搭載した「GI」プロセッサーを搭載。スキャナ本体での画像処理実現と共に最新インターフェースに対応。 スマートフォン/タブレット、パソコンいずれでも、ストレスを感じることなく書類を電子化できます。

  • 画像処理機能(自動化機能、イメージデータ出力)
  • Wi-Fi対応(WPS; Wi-Fi Protected Setup/対応無線LAN; IEEE802.11b/g/n)
  • USB3.0対応

※スマートフォン/タブレット連携については、モバイル機器で直接読み取る場合とパソコン経由で読み取る場合では機能に差異があります。
詳しくは、「機能比較」をご覧ください。



コンピュータ、モバイル機器とWi-Fi接続

コンピュータ、モバイル機器からWi-Fi接続でiX500をご利用いただけます。

ScanSnap Connect Applicationダウンロード

複数のコンピュータやモバイル機器から、Wi-Fiを使用してイメージデータを受信できるアプリケーションです。




毎分25枚・50面の高速読み取り

従来製品に比べ、読み取り速度が25%向上しました。(カラー300dpi読み取り時)

安定した給紙を実現

世界トップシェアの業務用イメージスキャナの給紙技術を継承し、ブレーキローラーによる原稿分離方式を採用しました。



本体デザインを一新

ブラックを基調としたスマートかつ洗練されたデザインに一新しました。

クイックメニューで分かりやすい操作性

「お気に入り」機能と「おすすめ」機能搭載により、すばやく目的のアイコンを選択することができます。



検索可能なPDFの高速生成

原稿読み取りとOCRの並列処理により、検索可能なPDFを生成する時間が大幅に短縮されました。

名刺管理ソフト「CardMinder」を刷新・統合

日本語、英語、中国語など11言語の名刺に対応したグローバル版「CardMinder」(Windows®/Mac OS)を同梱しました。