Fujitsu The Possibilities are Infinite

元のページへ戻る


ScanSnap スーパー活用術

~ScanSnapで実現するラクラク便利なスマートライフ~

【第5回】

手書きのノートをスキャンして
仕事や試験用の「マイ復習帳」を作る


社会人の資格試験に!学生のテストやレポートに!

「考えたこと」や「覚えたこと」をフル活用

ノートのような手書き情報をデジタル化することも、ScanSnapの有効な活用法の一つです。たとえば普段使っているノートを一冊まるまるスキャンすれば、「業務Aについて」「業務Bについて」「資格試験について」など、書き付けの内容ごとに、ページを分けて保存することも可能になります。これはノートのデジタル化による、いわば自分のための「マイ復習帳」作り。考えたり覚えたり、習ったりしたことのエッセンスが詰まった書き付けを、ページの間に埋もれさせてしまうことなく、スムーズに振り返れるようになるため、効率も成績もアップすること間違いなし。是非、お試しください。



 「手書きノートのデジタル化」2つのステップ

 ScanSnapを活用して、手書きのノートをデジタル化する方法を2段階に分けてご紹介します。


ScanSnapなら「ノートのスキャン」はこんなに簡単!

ノートの各ページを一枚ずつバラしてスキャンします(方法は後述)。時間軸に沿って断片的に並んでいる書き付けの中から、必要な部分を抜き出すことが可能になります。

バラしたページから必要な部分を抜き出して重ね、ScanSnapにセットします。

ワンプッシュスキャン!

スムーズに連続スキャン。あっという間にPDFデータができあがります。


本棚の一角を埋める古いノートがなくなって、お部屋もスッキリ。
残したいページはファイルボックスや封筒に入れておくと、場所をとりません。



ノートのバラし方

綴じしろに近い部分をカッターで丁寧に切っていきましょう。もしノートが雑誌のように厚く頑丈に綴じられていたら、「~職場や家庭で役立つ スキャナ活用法~ 第6回『雑誌』は必要なページだけ保存する」の項を参考に作業を進めてください。

「中綴じ/平綴じ」の場合
表紙を大きく開き、カッターでスッスッスッと切っていきます。

「リング綴じ」の場合
ページをリングからむしると紙の端が凸凹になるので、カッターを使用しましょう。

「ルーズリーフ」の場合
紙の端が滑らかでない場合はカッターで取り除いておきます。



「マイ復習帳」を作る・活用する

必要な箇所を抜き出して、重ねてスキャンし、PDF化していきます。


一冊のノートから、資格試験に関する書き込みがある部分を選んでスキャンした例。必要な部分だけを時間軸に沿って並べ直せるため、小さな書き込みも見逃しにくくなります。PDFファイルは設定により、見開き閲覧が可能です。



日毎に分けて書いたノートをスキャンした例。この場合は1ページにつき1テーマとなるため、後から振り返るのがより簡単になります。



必要な箇所を抜き出してスキャンしたら、ScanSnap Organizerにフォルダを作って収納しましょう。これで基本的な「マイ復習帳」のできあがりです。ノートを原本のまま保管しておくより、振り返るときの手軽さと便利さが大きく向上するはずです。

PDFファイルはフォルダを作って分類しましょう。これで手軽に閲覧。本棚から古いノートを探し出してページをめくる必要がなくなります。なお、あるテーマが数冊のノートにまたがる場合、まとめてスキャンする方法と、一冊ごとに行う方法が考えられます。分量などに応じて使い分けましょう。ここでは後者の方法により、ファイル名に番号を付けて同一のフォルダに収納しています。


ScanSnapで読み込んで、「楽2ライブラリ パーソナル Lite」へそのままファイリングすることも可能です。
分類と収納も、紙のファイルと同じ感覚。直感的に使えるため、閲覧もさらに便利になります。



「マイ復習帳」を活用する ~その1~

ノートをスキャンしたPDFファイルを「楽2ライブラリ パーソナル Lite」で管理すると、元のノートと同様の感覚で、めくって閲覧したり付箋を付けたりすることもできます。また、関連する資料などを一緒に保存しておくことも可能です。


ノート感覚で、めくりながら見開き単位での閲覧が可能です。必要な部分を強調(マーカ)したり、付箋紙を付けたり、ハイパーリンクを設定したりすることができます。その他、別にスキャンした資料を差し挟むなど、使って便利な機能も豊富です。


「マイ復習帳」を活用する ~その2~

重要な問題とその答えを、各々見開きでノートに手書き。それをスキャンして「楽2ライブラリ パーソナルLite」に保存すれば、めくると答えがわかる単語帳方式の問題集ができあがります。ノートをスキャンした復習帳と合体させれば、試験用のトータルな資料にもなりますね。


「問題」のページ


「答え」のページ


苦手な問題に活用すれば、大きな効果が期待できます。是非、お試しください!




応用コラム~ScanSnapでここまでできる~ 簡易レポートを手書きで仕上げて送信しよう。途中経過の報告などにうってつけ!


出張先やフィールドワーク先から、上司や先生に途中経過を手早くレポートしたいとき、メールの本文と添付資料を組み合わせる方法もありますが、手書きで簡潔にまとめる方が効果的な場合があります。ScanSnap S300とノートパソコンがあれば、必要な要素を手書きしてスキャンし、それだけを添付してメールで送信。宿泊先でも簡単に作業できる上に、電話やFaxに比べてコストも抑えられます。


ある程度複雑な情報を統合したいとき、手書きは意外に有効な手段です。


応用コラム~ScanSnapでここまでできる~ ノートや資料の複製に、もうコピー機は使わない! テスト前の学生さんにもおすすめ!


コピー機が空くのを並んで待つ時間ほど、無駄なものはありません。そんなとき、ScanSnapを活用すれば、待つ必要も、コピーした紙を持ち運ぶ必要もなくなります。特に効果を発揮するのが、単票の資料や、ルーズリーフ等のバラしやすいノート類。ScanSnapに重ねてセットし、ワンプッシュするだけ。いちいち裏返す必要もありません。しかも、複製コストは下がってクオリティも良い。色付きの資料やノートもそのまま保存できます。スキャンしたPDFファイルは、パソコンで閲覧するもよし、出力するもよし。ポータビリティに優れるScanSnap S300なら、学内を頻繁に移動する学生さんにもおすすめです。



いかがでしたか。ScanSnapを活用して、眠っている知的資産をフルに活かしてください。


著作権の対象となっている新聞、雑誌、書籍等の著作物は、個人的または家庭内、その他これらに準ずる限られた範囲内で使用することを目的とする場合を除き、権利者に無断でスキャンすることは法律で禁じられています。
また、スキャンして取り込んだデータは、私的使用の範囲でしかご使用になれません。


以下のアンケートにご協力をお願いいたします。
「ScanSnap スーパー活用術」は、役に立ちましたか?

はい  いいえ  どちらでもない

~ScanSnapで実現するラクラク便利なスマートライフ~


ビデオ FAQ ご相談 ご購入