このページの本文へ移動

ScanSnap Folder で様々なクラウドサービスと連携(Windows®)

ScanSnap Folderを利用すれば、Windows®上でScanSnapが1つのフォルダ(ScanSnap Folder)として位置づけられます。クラウドサービスやアプリケーションのファイル選択画面よりScanSnap Folderを選択すると、読み取ったイメージデータを直接利用できます。予めパソコンにデータ保存しておく必要がなく、一連の流れの中で準備できるため非常に効率的です。

ScanSnap Folderを利用して、より快適な操作性を実現
ScanSnap Folderを利用すれば、読み取ったイメージデータを
直接アプリケーションへアップロードできます。

※PDFもしくはJPEGファイルを取り扱える、またはファイルの種類を特定せずにアップロード、ファイルの添付といった作業のできるクラウドサービスおよびアプリケーションソフトウェアが対象となります。



今すぐアップデートS1500 / S1500M / S1300 / S1100をご利用のお客様は、ScanSnap Manager (Windows®) を最新版にアップデートしてください。


ScanSnap Folderの操作手順

【Windows® Liveメールにファイルを添付する場合】

  1. ScanSnap Folderを開く
    Windows® Liveメールのメール作成画面から[ファイルの添付]ボタンをクリック。「開く」画面が表示されますので、「コンピューター※」→「ScanSnap Folder」を選択します。
    ※Windows® 7の場合は「コンピューター」、Windows® Vista®の場合は「コンピュータ」、Windows® XPの場合は「マイ コンピュータ」


  1. ScanSnapで読み取り
    原稿をスキャンし、プレビュー画面で[保存]ボタンをクリックすると、ScanSnap Folderに読み取りデータが保存されます。

  1. メールに添付
    ScanSnap Folderから添付するファイルを選択して、[開く]ボタンをクリック。Windows® Liveメールにファイルが添付されます。