このページの本文へ移動

インテリジェント機能で作業の効率化を実現

インテリジェント・クロッピング機能(マーカー切り出し)(Windows®)

ページ上にマーカーで囲まれた部分がある場合、自動認識して切り出し、PDFに変換します。スクラップでの保存が可能です。

切り出したい部分をマーカーで囲み、ScanSnap Organizer上で「マーカー切り出し」を選択

マーカーで囲んだ部分だけが切り出された例

※複数の箇所をマーカーで囲んだ場合は、囲った箇所ごとにページを作るか、囲った箇所を一枚のページにまとめるか、選択できます。


インテリジェント・インデックス機能(キーワードの設定)

読み取った画像をOCR処理し、PDFのキーワード情報を登録。 Windows®デスクトップサーチ、Mac OSのSpotlightを利用した検索機能を使用することで、PDFの高速検索を支援します。

キーワードは、以下の方法で設定することができます。

  1. マーカー部分の文字列をキーワードにする → "マーカー・インデックス" (Windows®/Mac OS)
  2. ページ内の文字列を認識(OCR 処理)してキーワードにする → "ゾーンOCR" (Windows®)
  3. キーワードリストからドラッグ&ドロップでキーワードを設定する(キーワード付加) (Windows®)
  4. 任意の文字列をキーワードにする(Windows®)

1. マーカー・インデックスで、キーワード設定

マーカー部分の文字列をキーワードに設定します。

  • ScanSnap Managerで設定(Windows®/Mac OS)

    「マーカー部分の文字列をPDFのキーワードにします」のチェックボックスをONにします。

    Windows®使用時のScanSnap Managerの設定画面

  • ScanSnap Organizerで設定(Windows®)

    マーカー部分を自動検知、OCR処理し、キーワードを自動登録します。

2. ゾーンOCRで、キーワード設定

ページ内の文字列を認識(OCR 処理)してキーワードに設定します。

  • ScanSnap Organizerで設定(Windows®)

キーワード透かし表示機能(Windows®)

ScanSnap Organizerで、登録したキーワードがサムネイル上に表示され、ファイルの検索性が向上します。

登録したキーワードをサムネイル上に表示



キーワード自動仕分け機能(Windows®)

ScanSnap Organizerで、PDF内に記載されているキーワード情報を基に、保存先を自動的に仕分けることができます。読み取り後のファイル整理の手間を軽減します。

「振り分け条件の設定」画面で条件を設定

[振り分けの実行]で、振り分け条件に該当するPDFが指定のフォルダへ自動的に振り分けられます。