このページの本文へ移動

圧縮機能

原稿の色に応じた圧縮でコンパクトサイズ

カラーと白黒が混在した原稿も自動で識別。読み取りをする際、原稿に適したファイル保存が可能なので、必要以上にデータ容量は大きくなりません。


高圧縮機能(Windows®)

生成するPDFファイルの文字形式を維持したまま、ファイルサイズを従来の1/2~1/5に低減する高圧縮機能を搭載。ファイルサイズが大きくE-mailでの送信をためらっていたカラー原稿もE-mailで送信できる可能性が高まります。サーバやメディアへも多くのファイルが保存できるようになります。

【高圧縮での注意点】

  • Mac OSでは、高圧縮機能は使用できません。
  • 写真や図などは、背景とみなされて高圧縮されるため、画像が劣化しますので、写真などの画像の読み取りには適していません。 指定するとコントラストが高くなる傾向があります。
  • 原稿によっては標準の圧縮と比べて、ファイルサイズが大きくなる場合があります。
    • 写真や図などが多く、黒い文字が少ない原稿
    • 段組があるなど、レイアウトが複雑な原稿
    • 文字の背景に模様がある原稿