このページの本文へ移動

各種自動化機能により、読み取り前後の手間を削減

サイズ自動検出機能

サイズの異なる原稿を自動的に検出する「サイズ自動検出機能」を搭載しています。 原稿の一括読み取りができるので、その都度、サイズ設定をする必要がありません。伝票はそのまま伝票サイズに、名刺はそのまま名刺サイズに、自動で切り出します。

サイズの異なる原稿の一括読み取りもOK


※設定画面の[原稿サイズ]より、「サイズ自動検出」の設定を行ってください。

サイズ自動検出設定画面



カラー自動判別機能

「カラー」、「グレー」、「白黒」の原稿を自動的に判別し、 読み易さとファイルサイズが最適化されたPDFを作成します。
原稿の色により、カラー/グレー/白黒のカラーモードを自動的に判別するので、原稿ごとに読み取るカラーモードを設定する必要がありません。 白黒設定では再現できなかった高画質な読み取りが可能です。絵柄等がある白黒原稿は、グレースケール設定により、さらに高画質に読み取ることができます。

今までの白黒設定では出来なかった高画質な読み取りが可能




白紙ページ削除機能

両面原稿と片面原稿が混在していても、白紙ページを自動削除するので、無駄な読み取りや削除の作業が省け、仕事の流れがスムーズです。

※SV600に、本機能はついておりません。




傾き補正機能/向き補正機能

±5°の範囲で傾いた原稿をまっすぐに自動補正する「傾き補正機能」により、多少傾いてコピーされた原稿なども、まっすぐに表示することができます。また、原稿の天地や縦横の向きを認識して自動補正する「向き補正機能」により、ページの向きを正しく表示することができます。