1.  >
  2. ScanSnap Manager Evernote EditionとScanSnap Homeの機能差

ScanSnap Manager Evernote EditionとScanSnap Homeの機能差

赤字:機能差

ScanSnap Manager Evernote Edition ScanSnap Home
(クラウド連携)
OS 対応OS(Windows) Windows XP (SP3)
Windows Vista (SP2以降)
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
Windows 10
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
対応OS(Mac) 10.7以降 10.12以降
利用環境 スキャナー接続形態 USB
Wi-Fi
Wi-Fi
スキャナー単独でのクラウド連携 - 対応
Evernoteクライアントソフトウェア 必要 不要
装置 LED(スキャンボタン) 緑色 緑色&黄色
表示言語 画面の表示言語 英語 / 日本語 / フランス語 / ドイツ語 / 中国語簡体字/ オランダ語 / デンマーク語 / フィンランド語 / スウェーデン語 英語 / 日本語 / フランス語 / ドイツ語 / 中国語簡体字 /中国語繁体字 / 韓国語 / ロシア語 / ポルトガル語 / イタリア語 / スペイン語 (注1)
スキャン操作 原稿種自動判定スキャン
(名刺/写真/レシート/ドキュメント)
対応 対応
原稿種指定スキャン 対応 - (注2)
連携データ 保存先ノートブック 原稿種毎のノートブックに自動振り分け 対応 対応(注3)
ノートタイトル 原稿内の文字を抽出し最適なノート名を付与 - 対応
タグ付け 原稿種毎にタグを自動付与 対応 - (注3)
名刺から連絡先ノート変換 対応 対応 (注3)
“All Scans”でのノート検索 対応 - (注3)
読み取りモード 画質の選択 自動(自動解像度) 対応 対応
ノーマル 対応 対応
ファイン 対応 対応
スーパーファイン 対応 対応
エクセレント 対応 - (注4)
カラーモードの選択 自動 対応 対応
カラー 対応 対応
グレー 対応 対応
モノクロ 対応 対応
読み取り面 片面 対応 対応
両面 対応 対応
原稿の向き補正 対応 対応
白紙ページ削除 対応 対応
継続読み取り 対応 - (注4)
オプション 裏写り軽減 対応 - (注4)
文字くっきり - - (注4)
文字列の傾き補正 - - (注4)
ファイル形式 形式の選択 PDF 対応 対応
JPEG 対応 対応
テキスト認識 検索可能なPDF変換 対応 対応(500ページ/月まで)(注5)
OCR対象言語 日/英/仏/独/伊/西/中簡/中繁/韓/露/葡 対応 対応
OCR対象ページ 全ページ 対応 対応
原稿 原稿サイズ 自動サイズ検出 対応 対応
定型サイズ 対応 対応
A3キャリアシート(合成/切り出し) 対応 対応
長尺読み取り 対応 対応
マルチフィード検出 重なり検出(超音波) 対応 対応
なし 対応 対応
サイズ 圧縮指定 3段階 5段階
連携可能なクラウドサービス Evernote Evernote以外のサービスにも連携可能
モバイルアプリ (iOS / Android™) Scannable
(iOS対応)
ScanSnap Connect Application、ScanSnap Cloud
(iOS、Android対応)

(注1)サポート外の言語の場合、ScanSnap Homeの画面は英語で表示されます。
(注2)自動判定の結果に間違いがあった場合は、スキャン後にScanSnap Homeから原稿種を指定して再保存が可能です。または、環境設定により原稿種の識別をしないモードでのスキャンが可能です。
(注3)EvernoteクライアントソフトウェアのScanSnapに関する設定は無効になります。これらの設定項目はScanSnap Manager Evernote Editionをアンインストールした場合、Evernoteクライアントソフトウェアからは表示されなくなります。
「名刺から連絡先ノート変換」はScanSnap Homeのクラウド連携で可能です。
(注4)対象の機能は、ScanSnap Home(ローカルモード)にて使用可能です。
(注5)ScanSnap Home(ローカルモード)では、検索可能なPDF変換に枚数制限はありません。

Top of Page

Back of Page